家づくりは奥さんが決めたほうがいい

結婚し、子供ができ、家族が増えるとなれば、やっぱり自分の家がほしくなりますよね。夢のマイホームを現実に建てようと思ったら、リアルに様々な問題にぶつかります。予算に、間取り、部屋の内装、家具やインテリアにいたるまで、家作りを構成する要素はいろいろありますので迷ってしまいますよね。家族が満足のいく家づくりをするには、奥さんに決定権をゆだねるのが一番だと私は思います。
ほとんどの場合、マイホームを建てるときに予算をメインで出資するのはご主人のほうだと思います。しかし、男の人の場合たいてい昼は仕事に出ていて家は夜寝るのと休日にゆっくりするのとでしか使わないんですよね。ですから、自分の趣味の部屋が一つあればあとはさほどこだわらないというご主人は結構多いのではないでしょうか。
ですから、家にいる時間も長い奥さんが自分が家事のしやすいように、家事動線を短くしたり、おしゃれなキッチンにしたり、自由にするべきだと思うんです。光熱費のこともありますし、断熱に効率的なウレタン業者さんを紹介してもらうのもいいと思います。それに細かいところにまで気を配るのは女性のほうが得意ですので、結果的に家族にとっても良い家づくりにつながるのではないでしょうか。