軽視しがちなお風呂と庭を気にするといいかも

家づくりというと、特にリビングや部屋自体のレイアウトを考えることが多いように見えます。しかし、私が気にしたいのは、ずばり風呂です。お風呂って、これだけは新築はどこも似たような作りの、同じ大きさになっているのが大半だと思います。
しかしここで、浴槽を通常サイズより少し大きくすると、それだけで風呂は他の家にはないくつろぎ空間となると思います。その分、どこか家の中が狭くはなってしまうのですが、自分としては脱衣所を多少狭くしてでも、風呂の大きさは通常以上にしたほうが幸せだなと思っています。
あと、次に気にしたいのは換気。お風呂やトイレに換気扇を付けるのは一般的ですが、今は24時間換気と言って人がいる部屋は常に換気をしなくてはいけないことになっています。風呂好きの私は休日になると2回以上入浴することも多く、そのたびに脱衣室や廊下が湿気っぽくなって妻がブツブツ言っていました。新しい家には一種換気といって24時間換気をしていても室内の温度が保たれる換気システムを入れてもらいました。常に家の中が快適な湿度で、気兼ねなく風呂を楽しめます。