家をつくる為のシュミレーションー一軒家ー

アパートを借りていましたが、引越しの際に、家をいずれつくる事を見越して、一軒家を借りました。
家をつくる際に役立った点としては、実家より新しい、最近の家を借りる事により、設備の必要、不必要が見えた事と、間取りの確認や、広さの確認が体験出来たことです。

まず、注文住宅を購入する場合、ほとんど自分で決められます。
しかし、その際に漠然とした感覚しかなければ、想像がつきづらいですが、
一軒家の場合、実際にメジャーで測り、
「大体この位人が通る幅があるキッチンがいい」などと、ある程度の目安がつきます。
なので、営業さんや、設計士の方等に分かり易い説明が出来ます。
又、住宅会社が作った詳しいカタログやショールームで見るのと、実際の家で見るのでは、部屋の大きさが違うせいか、食器棚1つとっても、ショールームでは良かったものが、自分の家では圧迫感を感じるなど、目の錯覚なのか、勘違いしてしまう事がありますが、それも防げます。
部屋の広さも、暮らしていくうえで、主寝室は広い方が便利だとか、アパートでは分からなかった自分の好みが出てきます。
食品庫は大きい方がいいと思っていたが、実際使ってみたら、そうでもない等自分に合うサイズが見えてきます。
リビング階段や、キッチンからお風呂場に行ける同線などの確認など、
こだわりがある人は、ぜひ家つくりの前にシュミレーションしてみて下さい!