友人の目指した家づくり

友人が、新築の家を建てました。入居前には建築会社による見学会も開かれたので、早速見に行ってきました。おそらくオーダーメイドによるオシャレな家だったこともあり、見学会が開かれたのだと思います。
見学会には友人はおらず、建築会社の人がすべてを取り仕切っていました。廊下や床にはすべてブルーシートが敷かれており、土足のまま見学できるようになっていました。玄関のすぐ外に受付があり、そちらで住所と氏名を記入してから入りました。
喫茶店のようなオシャレさのある家づくりをコンセプトにしたと友人が話していたとおり、かなり素敵な家が出来上がっていました。玄関は広々しており、靴箱もつくり付けとなっていました。廊下を通って入るとすぐにリビングが広がっており、対面式キッチンもありました。どっしりした太さがある黒色の柱が多く使われており、古民家を意識した内装となっていました。友人の家を見て、「オシャレな喫茶店」といったイメージが湧きました。
機能性も兼ね備えたオシャレな家づくりがなされていて、とても勉強になりました。