大草原の小さな家

子供の頃から小さな家が好きでした。温かくて、可愛い感じの出窓がある、レンガや木で作られた、小さな煙突のある、洋風屋根のこじんまりとしたイメージです。
子供の頃に3匹の子豚を読んだ時から、わたしの中の家づくりが始まったのではないかと思います。気が付けば、地面に間取り図を足先で描いて、自分のお部屋を作ったりしていました。
今思えば、その時が二番目に楽しい家づくりの時期でもありました。大人になったら自分で設計した家で暮らしたいと考えるようになっていたので、結婚後すぐに建てた家は、大草原というわけにはいきませんでしたが、イメージ通りの小さな家を自由設計で建てることが出来ました。
その小さな家ももう30年になり、家族で二年かけて漆喰材を壁に塗ってみたり、建て替えるべきか、DIYを楽しむか、今が一番楽しい家づくりの時期となっています。家は、3匹の子豚が象徴するように、自分が唯一残せる芸術作品ではないかと最近は思います。