断熱性を高める家づくりのポイント

家を買う時に気になる点の一つが、断熱性です。

断熱性が低い家では、夏や冬に電気代がかさむ原因にもなります。逆に断熱性が高いと、低い光熱費で夏は涼しく冬は暖かく過ごせます。
特に鉄筋と違い木造住宅を建てる場合にはこの断熱性のある家を建てることで、家の中野温度がだいぶ変わってくるのです。

では、断熱性を高める家づくりはどうしたらいいのでしょうか?
そのポイントを2点お教えします。

1点目は、壁に使う断熱材は、熱伝導率が低いものを選ぶことです。

熱伝導率とは、熱の伝わりやすさを示す数値になります。つまり、この値が低いほど断熱性が高いことになります。コストだけでなく、この熱伝導率も比較して断熱材を選ぶとよいと思います。

2点目は、窓ガラスは、ペアガラスを選ぶことです。

一般的な窓ガラスは1枚のガラスでできています。この場合、外気と直接触れているため、断熱性を下げる一因にもなります。ペアガラスは2枚のガラスからできており、このガラスの間に空気層があって、この中にガスなどが入っています。この構造により、断熱性を高めることができます。また、同じペアガラスでも厚みなどによって断熱性能は異なりますので、コストなども考慮してペアガラスを選ぶとよいと思います。

また、断熱性を高める家づくりにもっとも重要な要素と言えば、断熱材をしっかりと入れることでしょう。とくに最近建てられた新しい家ほどに、断熱材は当然のごとくしっかりと入れられています。それだけ断熱材が支持され、注目されているというあらわれでしょう。

なぜなら、分厚い断熱材は住宅を温かく保つだけではなく、涼しく保つ効果もあります。「断熱材」と言いますと、「住宅を温かく保つ」というイメージを持っている人が多いのですが、断熱材は住宅の断熱性を高める目的にて入れられているのですから、当然家の中を涼しく保つ効果もあるわけです。

外気に左右されない住宅を保つために入れられている素材なのですから、家の中を温かくすれば温かさを保ち、そして涼しくすれば涼しい気温を保ってくれるものなのです。
寒い地域だけではなく、暑い地域の住宅にも断熱材は使われているのです。当然、断熱性を高めるための家づくりのポイントは、「断熱材」だと言えるでしょう。

<特別サポート>お家の見直ししま専科|ページランク|健康マニアによる無病ライフ|女性向けエステ.com|マッサージのリアル口コミ.com|超SEO対策|アフィリエイト相互リンク|内職|JALカード|英語上達の秘訣|GetMoney|家計見直しクラブ|英語上達の秘訣|サイドビジネス|住宅リフォーム総合情報|